4月6日(土)に、まなびの館ローズコム大会議室(福山市霞町)にて「平成31年度東林館高等学校入学式」が執り行われました。

 

約50名の新入生(転入・編入を含む)が参加し、緊張の面持ちながらも一生懸命話を聞く姿が印象的でした。

 

倉敷東林館にも数名の生徒が入学しています。これから自分のペースを作りながら学校生活に慣れて頂けたらと思います。

 

 

 

 

 

在校生から折りバラのプレゼントを頂きました。

 

 

 

去る3月23日(土)に東林館高等学校の「平成30年度卒業式」が執り行われました。

 

 

この度の卒業生は95名。東林館開校以来1400名を超える卒業生が社会に羽ばたいたことになります。

 

 

倉敷東林館も開校10周年を迎えており、この間100名近い生徒が卒業していきました。

 

 

卒業式ではボクシングのWBC世界ライトフライ級現チャンピオンで5回防衛中の拳四朗選手も来賓としてご列席され、お祝いの言葉を頂きました。

 

 

卒業生にとっては心に残る式になったことと実感しています。

 

拳四朗選手(右)と東林館高校の田村主幹(左)

 

こんにちは。倉敷東林館の代表・高柿慎です。

 

先週、東林館高等学校の後期テストが行われました。

 

学年によって履修している科目数は異なりますが、東林館高校のテストは原則2日間で行われます。

 

また、テストは教室での受講と個別スペースでの受講を選択することが可能です。

 

いずれにしてもこの後期テストで今年度「東林館高等学校」で単位を取得するための作業は終了となります。

 

生徒の皆さん、1年間お疲れさまでした。

 

 

 

 

こんにちは。倉敷東林館の代表・高柿慎です。

 

2018年度もこの3月をもって終わりとなります。毎年のことですが、時間の経過の速さに驚かされるのがこの時期です。

 

生徒たちも卒業や進級を控えており、それぞれに1年間を振り返ったり、新年度に向けてさまざまな思いを持ち始めているのではないかと感じています。

 

また、毎年この時期は倉敷東林館にも様々なご相談の連絡をいただいています。

 

倉敷東林館と東林館高等学校への入学(転入学)の流れを改めてご紹介いたします。

 

 

   ご相談(電話にて日程の調整を行います)  

 

⇒  倉敷東林館での入試(本人面接と作文。すべて個別で行います)

 

⇒  合否通知(電話にてご連絡いたします)

 

⇒  出願(倉敷東林館と東林館高等学校それぞれに願書を提出していただきます)

 

⇒  東林館高等学校での手続き(東林館高等学校の事務局から日程の連絡があります)

 

 

ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。

 

 

 

 

 


皆さんこんにちは。

 

倉敷東林館の代表・高柿慎です。

 

早いもので、2018年度も残すところ2か月となりました。

 

全国的にインフルエンザが猛威をふるっています。東林館高等学校や倉敷東林館でも診断を受けたという生徒が出ています。

 

皆様も手洗い、うがいなどの予防はもちろんのこと、体調の変化を感じられたら無理をされないようお気を付け下さいませ。

 

 

 

2019年度の入学や転入学に向けて、いくつかの質問を頂いておりますので、お答えさせて頂きます。

 

Q「入学の条件はありますか?」

 

A「特にはありません。倉敷東林館で頑張ってみたいという思いを持っており、また、倉敷東林館でも責任をもってお受けできる生徒さんであると判断させて頂きましたら入学可能です」

 

 

 

Q「入学試験はありますか?」

 

A「面接と作文があります。一人ひとり私が個別でおこないます」

 

 

よくあるご質問に関しては、当ブログでもお答えしてまいりますので、ご参考にしてみてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

倉敷東林館の代表・高柿慎です。

 

 

1月22日・23日に東林館高等学校のスキー・スノーボード合宿が行われました。

 

 

今年は倉敷東林館からの参加はありませんでしたが、高等学校では毎年冬の行事として一泊二日の日程で広島県北のスキー場に行っています(自由参加)。

 

 

東林館高等学校や認定サポート校では生徒の「癒し」から「自分探し」を通しての「自立」までを応援していますが、このスキー・スノーボード合宿は、生徒一人ひとりが目標を持って「頑張る」行事です。

 

 

この度も、二日間を通してそれぞれに目標を設定しその達成に向けて頑張っていた姿が印象的だったということです。

 

 

生徒の皆さん、そして教職員の皆さん、本当にお疲れさまでした。

 

 

 

明けましておめでとうございます。

 

本年もよろしくお願い申し上げます。

 

倉敷東林館の代表・高柿慎です。

 

 

昨年は日本各地で自然災害が多発し、倉敷市でも真備町を中心に甚大な豪雨災害が起こりました。

 

昨年末に真備町の中学校を訪問した際にも、町の様子や先生方のお話から復興の難しさを痛感いたしました。

 

改めて被災された方々には心よりお見舞い申し上げます。

 

また、今年こそは明るいニュースの多い一年になることを心より祈っております。

 

 

昨年からスタートしました当ブログもご好評を頂いており、今年も「倉敷東林館」や「東林館高等学校」の様子をわかりやすくお伝えしてまいりますので、引き続きご愛顧いただきますようお願い申し上げます。

 

 

 

 

 

こんにちは。倉敷東林館の代表・高柿慎です。

 

早いもので2018年も残りわずかとなりました。

 

今日は、倉敷東林館ご入学の流れをご説明いたします。

 

 ‥渡辰任陵縮鵝

 

まずは、保護者の方からお電話をいただき、学校説明と見学の日程を調整します。

 

 

⓶ 学校説明と見学

  

親子で、もしくは保護者の方のみで来校いただきます。

 

 

 出願

 

倉敷東林館に出願いただきます。(出願書類は、東林館高等学校の願書、倉敷東林館の願書になります)

 

 

ぁ‘試

 

入試日程については相談の上決めさせていただきます。一人ひとり個別での試験になります。入試場所は倉敷東林館です。

 

入試内容は作文と、面接になります。

 

 

ァ々臠歡銘

 

入試日の翌日、電話にてご自宅と学校へご連絡いたします。

 

 

Α‥賣售杞眦学校での入学手続き

 

事前に、東林館高等学校(広島県福山市光南町)の事務から手続きの日程調整の電話連絡が入ります。

 

調整した日時で東林館高等学校に来校いただきます(親子で)。

 

※ 東林館高等学校での入学手続きに必要な書類に関しては、事前にご案内いたします。

 

 

 

 2019年度入学の出願は2019年1月7日(月)よりお受けいたします。

 

   

 

  

東林館高等学校(通信制・普通科 福山市光南町)と倉敷東林館(認定サポート校 倉敷市玉島爪崎)の関係についてご説明します。

 

 

東林館高等学校は2000年に開校した通信制の高等学校です。主に様々な理由で学校に行くことが難しくなった生徒が、もう一度学校という場で人間関係を通して癒され、元気になっていってもらいたいという思いから創られた学校です。

 

通信制の学校というのは基本的には「自学自習」といって、家庭を中心に一人で単位を取るための学習をしていくものですが、東林館高等学校ではできるだけ一人ひとりの生徒に合わせたサポートが必要であるという考えから、「認定サポート校」への同時入学をお願いしています。

 

現在、「認定サポート校」は13校を数えます。その一つが「倉敷東林館」になります。

 

例えば、東林館高等学校から各生徒に配布される「課題レポート」は年間約70枚になります。これを家庭で一人で学習していくのではなく、「倉敷東林館」に登校しスタッフと一緒に取り組んでいくことができます。

 

また、「倉敷東林館」では「個別」でのかかわりを大切に考えています。生徒が安心して登校できるよう、特に入学当初は担当スタッフと二人で過ごす時間を設け、レポート以外にも話をしたり、カードやボードゲームなどを楽しんでいます。そういったかかわりを通して、生徒一人ひとりが自分に合った登校スタイルを見つけてもらえたらと思っています。

 

東林館高等学校で単位を取っていくためには「課題レポート」以外にも月に1〜2回の「スクーリング」と呼ばれる授業に参加します。「スクーリング」当日は、倉敷東林館のスタッフも東林館高等学校に出向き、必要に応じて生徒のサポートをしています。

 

高校卒業資格を取得するために必要な単位を取っていく場所が「東林館高等学校」であり、そのための支援を始め、生徒一人ひとりが元気になっていくためのかかわりを行なっていく場所が「倉敷東林館」になります。

 

みなさんの高校生活がより実り多いものになることを願っています。

 

※東林館高等学校には途中転入や編入で入ってくる生徒もたくさんいます。その際には、それまでに他校で取得している単位を最大限に活用していくことができます。

 

 

こんにちは。倉敷東林館の代表・高柿慎です。

 

今日は、倉敷東林館の「中学生コース」についてのご案内です。

 

倉敷東林館では東林館高等学校の高校生以外にも、中学生コースで中学生への対応もしています。

 

さまざまな理由で、在籍する中学校への登校が難しい状況の生徒を対象としたコースです。

 

まずは、担当のスタッフとの関係づくりを大切にしています。

 

一緒に勉強をしたり、お話やゲームをしたりしながら担当スタッフとの関係を築いてもらえたらと思っています。

 

倉敷東林館での学校生活に慣れてきたら、徐々に少人数のグループに参加するなど、人間関係を広げていってもらえたらと思います。

 

学習面では、希望に応じて英語と数学を中心に基礎的な内容を勉強していきます。

 

お気軽にお問い合わせください。